ハッカー集団「LulzSec」がドコモをクラッキング、クレカ情報含む個人情報が流出!! | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

ハッカー集団「LulzSec」がドコモをクラッキング、クレカ情報含む個人情報が流出!!

001030

ドコモにクラッキング、クレカ情報含む個人情報が流出!!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯



130426_lulzleader

NTTドコモの米国子会社であるNTTドコモUSAは、同社が米国在住の
日本人に向けにサービス提供中の通信サービス「DOCOMO USA Wireless」
において、サーバーのクラッキングによって顧客情報が流出したことを明らかにした。

「DOCOMO USA Wireless」は、T-MobileのMVNOとして展開されている
米国在住日本人向けの通信サービス。現地時間の26日18時(日本時間翌日7時)、
インターネット上に顧客情報らしきものが発見され、19時40分に顧客情報で
あることが確認された。NTTドコモUSAでは20時にサーバーを一時停止した。

流出した情報は大きく2つに分けられる。
1つは、氏名や生年月日、住所、メールアドレス、クレジットカード番号と
その名義情報
となり、403件が流出した。

もう1つは、個人情報が含まれない形で一部の店舗で契約した際の電話番号と、
その料金プラン、契約場所、アカウント番号が流出した。
こちらの流出件数は1805件。
なお、1つめの個人情報流出と重複している可能性もあるという。

NTTドコモ広報部では、現地情報として、現時点で流出した個人情報を悪用した
事件などは確認できていないとしている。個人情報が流出した403件については、
メールで利用者に連絡をしており、電話でも案内するとしている。
なお、今回のクラッキングについて「LulzSec」という団体が顧客情報が
掲載されたURLをTwitter上で明らかにしていた

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130427_597860.html?ref=rss

また「LulzSec」ですか・・・最近、アノニマスより名前聞きますね。
活動が活発化しているようです。
なお、今回の被害は国内のドコモユーザーではなく、対象となるのは
「DOCOMO USA Wireless」のユーザー
となるので注意。
大事な個人情報、会社側のセキュリティ強化が望まれます。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

001031
ハッカー集団「LulzSec」のリーダーを名乗る人物がオーストラリアで逮捕! 警察「懲役12年にはなる」

Topiary (2)
LulzSec(ラルズセック)本物リーダー「Topiary」(18歳)がついに逮捕・顔写真公開

004
逆転裁判5



コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング