「僕に仕事をください」と、なけなしの金を使って看板広告を出した若者がイギリスにいるらしい! 果たして就職できたのか | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「僕に仕事をください」と、なけなしの金を使って看板広告を出した若者がイギリスにいるらしい! 果たして就職できたのか

000224

就活の形はそう多くありません。学校の斡旋、自ら職業サイトを見て検索、
ハローワーク、etc… しかしこの若者はひと味違いました。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


Ph002084

イギリスの男性Adam Pacittiさん(24)は
ウィンチェスター大学でメディア・プロダクションを専攻し、
優秀な成績で卒業したにもかかわらず、
仕事に就けずいた。何カ月も就職活動を続けたものの、
受け取るのは不採用通知ばかり。
そこで彼は大胆な手段に打って出た。
なけなしの500ポンド(約7万円)を投じて
ロンドン、イーストエンドのビルボードに
「最後の500ポンドを使ってこの広告を出しました。
僕に仕事をください」
と大きな広告を出したのだ。

ビルボードには写真とともに
求職用に作った自身のウェブサイトのアドレスも一緒に掲載した。

Ph002085

Pacittiさんの目論みは大当たり。
その後、サイトにはアクセスが殺到し、
履歴書代わりに作ったPR動画の視聴回数は
150万回を越え、イギリスの著名なジャーナリストや
コメディアンがツイートするなど、
Pacittiさんはたちまち話題の人物となった。
仕事のオファーも100以上舞い込み、
最終的に大手映像制作会社KEOに採用され、
ネット向けのビデオプロデューサーとして働くことになった。

サイトやPR動画も好評ではあったが、
やはりビルボードに広告を出すという
アイディアがいちばんのセールスポイントになったようだ。
KEOの上司もPacittiさんの才能とアイディアに期待を寄せている。

Pacittiさんは、無事に就職できたのは
多くの人たちが話題にしてくれたおかげだとし、
「初任給をこの広告に使いました。
僕を助けてくれてありがとう」と、
再びビルボードに広告を出している。 
http://irorio.jp/kondotatsuya/20130216/47182/
 
思いついた者勝ちかと思いきや、
やっぱりこれを実行しようとするには相当な勇気が必要です。
結果こうして実を結んだわけですから、大したものですね。
結果報告のために初任給を使って
同じように看板広告を出したというのもいいオチ。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

1 (1)
3DS:ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち


コメント

  1. 名無し

    格好いいけど、日本でやったら「二番煎じ」なんて罵倒されるが関の山かな…。

  2. 名無し

    いい話だ

  3. 名無し

    こういう発想できる人は欲しいわな、特に広告関係は

  4. 名無し

    日本人目線だからだろうけど、

    なんとなくこういう看板は外国人なら大抵合いそうww

    日本人がやったらどんな感じなんだろうか・・・

  5. 名無し

    菊池くんにやってほしい

  6. 名無し

    ※1
    ネット広告で自分を売り込む手法だったけど、日本でもすでにやった奴はいる。
    ちなみにネット広告風PRも海外で先にやった人がいて、日本人のはただのパクリ。しかもセンスは先駆者の方が圧倒的に良かったってオチまである。

  7. 名無し

    即戦力さん・・・

  8. 名無し

    >>1
    羞恥心でやらないのは良いけど、何かしら手は打ったほうがイイ

  9. 名無し

    大学に行きたいのでお金をください。

  10. 名無し

    働くの面倒なのでお金をください。

  11. 名無し

    こういうことを最初に思いつく奴はすごいと思う

  12. 名無し

    日本は杭を打つのがもはや文化だものな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング