「生涯未婚率」が上昇、年収が低いと、結婚どころか彼女すらできない!「交際の壁」は年収300万円 | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

「生涯未婚率」が上昇、年収が低いと、結婚どころか彼女すらできない!「交際の壁」は年収300万円

002804 - コピー

データが語る“年収が低いと、結婚どころか彼女すらできない”!( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯




002804

一生を結婚しないままで過ごす「生涯未婚率」が上昇している。

30年前までは、生涯に一度も結婚しない人の割合は、男性が2.6%、女性が4.4%。
ところがバブル崩壊を契機に、生涯未婚率が急上昇。2010年の時点で、男性が20.1%、
女性も10.6%に上昇。
このまま状況で推移すると、2030年には、「全世帯に占める単身世帯の割合」が、
37.4%に達する
と、国立社会保障・人口問題研究所は予測している。
では、なぜ結婚ができないのだろうか。もっとも大きな要因が「経済的な理由」だ

この点については、以前、このコーナーの記事で、結婚できるかできないかを隔てる
「年収300万円の壁」を明らかにした。そして、男性の場合、年収が高いほど
結婚している割合が高くなる
ことも指摘した。

具体的にはこうだ。同世代の半数以上が結婚しているのは、20代後半では
年収500万円以上、30代前半ならば300万円以上。つまり、「年収300万円」が、
結婚ができるかどうかの壁になっている


しかし、現実はそれだけにとどまらない。「年収が低いと、交際相手も出来ない」。
やはり、壁は「300万円」だ。
年収300万円未満の男性の場合、20~30代を通して、既婚者は10%に満たない。
「恋人がいる」という男性も、20代で25%、30代では18%だけ。
そして、「交際を経験したことがない」という割合が、30代で33%もいる。

これは、その一つ上の「年収が300万円以上400万円未満」の層になると、既婚率は
26%へと急上昇する。また「交際経験なし」という層も20%未満になる。
つまり「年収300万円」は、結婚できるかどうかの壁であるだけでなく、
それ以前の「彼女ができる」ための巨大な境界線にもなっている
のだ。

◇正規か非正規かも分かれ目に
「結婚まで至らずとも、女性との交際には、おカネがある程度は必要だ。
また、『経済的理由から結婚は難しい』という思いがあれば、女性に積極的に
アプローチする気すら起きないかもしれない。
まだ日本では、『夫婦生活の経済責任者は男性だ』という意識が強い。
『男は外で働き、女は家事育児』という性別役割分担が、まだ根強い」

橘木氏は理由をこう推理している。さらに同書では、雇用形態別の交際状況に
ついても言及。ここでは「正社員」がキーワードとなり、恋人の有無と密接に
関係している
のだという。
正規雇用の男性の場合、「既婚」が27%を超え、「恋人あり」も同じ程度いる。
「交際経験がない」は15%弱に過ぎない。一方、非正規雇用の男性では、
「既婚」はわずか4.7%。「恋人あり」も15%に過ぎない。
「交際を経験したことがない」は39.3%に達している


「『年収300万円以上の正社員』でない男性は一生を独身で過ごす可能性が高い」
浮かび上がった現実を見ると、かくもデータは残酷だ。

64_hyo
http://yukan-news.ameba.jp/20130129-304/

「お金がなくても愛さえあれば」なんて考えはもう古いんですかね。
現実は厳しい。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

002133 - コピー (2)
レイトン教授と超文明Aの遺産 ( 初回生産分封入特典: レイトン教授・超文明の秘宝 宝くじ 同梱)



コメント

  1. 名無し

    いいんじゃない。
    少子化が進んで国は困るだろうけど。

    無責任なバイトでもして、
    家でのーんびりして、
    一生ストレスなしで
    生きていくのもいいもんさ。

  2. 名無し

    少子化は30年ほどたつと国力に響いてくる。戦後の少子化政策が2世代かけて今の日本に及ぼした影響は大きい(吉田茂参照)
    先進国水準を上回る医療と福祉サービスで老人が死ににくくなったのも大きい。日本だけでなく世界的な規模での高齢者死亡率の維持のためにもできればがんの特効薬は開発されないことを祈る

  3. 名無し

    >>2
    数がないと質も生まれないからね

    それと、最後の分はもうちょっと肯定的に捉えないと、これからどんどんダメになりそう

  4. 名無し

    少子高齢化対策は給料の増額と休日増やすだけで解決できるんだって
    子供手当てと保育園増やしたところで子供作るかーって成るわけねぇだろ

  5. 名無し

    該当する男はワガママな女の理屈と捉えるだろうが300万という数字は専業主婦は不可能、共働きでも控除されれば500万くらい。
    段階的昇給が見込める正社員でなければ結婚を思いとどまる理由にはなるだろう。

    ただ1つ疑問なのが該当しない私が未だに童貞で彼女もいないことだ
    よってこのデータは過ちである
    Q.E.D証明終了

  6. 名無し

    まぁ、金があって経済的にゆとりが出来れば夫婦は子供作る気は高まるわな。
    んでもって休日増やして育児にあてる時間が増えれば産んだ後の安心も高まるっちゃあ高まる。

    けど、実際はそう単純じゃないだろなぁ。

    最近は学校のイジメ問題とかとりだたされてるし、子供の将来に不安覚えて
    子作り意欲減退してる夫婦とかもいそうだ…。

    社会全体の気運とかも重要だろうなぁ。

  7. 名無し

    給料増やせとはいわない。
    給料はそのままでいいから休み増やせ。子ども手当も手厚くしろ。
    2次元の嫁を受け入れろ!

  8. 名無し

    >>6
    実際いじめや犯罪の数は減ってる
    だけど世の中不景気でテレビ局も金がないから番組を作れなくて、その分ニュース番組を作らざるおえないのが現状
    だから連日ニュースやって治安が悪くなったイメージがつく
    高い金払って芸能人を集めるより自社の社員を走らしたほうが安くすむ
    また、昼間のアニメも減ってる(深夜は増えてるけど)のはバラエティー番組を作るよりも金がかかるから
    深夜アニメが増えてるのは経済効果が高いのと放送枠買取方式だから

  9. 名無し

    70億人もいるんだから結婚できるやつだけがすればいいよ

  10. 名無し

    珍しくコメント欄が充実しててビックリしたww

  11. 名無し

    ニートはどうしろと・・・・・・・・・・・・・・・

  12. 名無し

    試験管から子供を作れる日がそのうち来るだろ
    そうしたら国民一人に強制的に一人養育させれば問題解決

  13. 名無し

    別にいいんじゃね?
    結婚できなくても、彼女いなくても。
    遊ぶ女がいればそれでいいじゃん。

    結婚なんていわば只の風習・見栄でしかない。
    そんな俺は人生負けな既婚者。

  14. 名無し

    ニートの夢も希望も打ち砕くいいニュースだな

  15. 名無し

    ぶっちゃけ女に金掛ける価値が見出せない・・・

  16. 名無し

    女は性処理機。維持する為に莫大な金が必要
    記念日等のプレゼントをしなければならない。お洒落をしなくてはならない。
    本当はヤりたいだけなのにデートで金を遣わなければならない。
    結婚しても一部の地獄は続き、一部の地獄は消え、新たな地獄が追加される。
    【愛】なんてものはほんのわずかな時間で消え失せ、男はキープ扱いされる。
    次の男が見つかると女は無口になり、別れを告げられる。
    条件が自分のほうが良い場合は次の男がキープ扱いされ体の関係は続く。
    そんな中産まれてくる子供は誰の子か知らずに何千万もかけて育てるのが男の定め

  17. 名無し

    結局は金

  18. 名無し

    ま、将来の日本は縮小する運命。
    女性と向き合って付き合うのだって疲れるのが当たり前。

    ある口下手なヤツは言っていた。
    コミュニケーション能力が無いだけでダメなヤツとみなされ、
    女性から敬遠されると…。
    交際関係の実態だって腐り果ててるし。
    世の中の流行やニーズだけが一人歩きして最後は滅びるのは当然のこと。

  19. 名無し

    昔の喪男喪女はお見合いによって救われてたけど
    今は完全自由恋愛だから
    恋愛&結婚相手は自分の魅力で自力で見つけなければならない

    結婚したい喪男も好きでもない女と暮らしたくないだろうし
    結婚したい喪女も好きでもない男の子供は欲しくないだろうし
    こうなるのは仕方ないんだろうね

  20. 名無し

    不細工だから結婚できません。
    少子化対策は恵まれたイケメン金持ちリア充に任せるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング