ぶつかる? 小惑星が地球に大接近! なんと人工衛星よりも低い位置を通過するらしい | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

ぶつかる? 小惑星が地球に大接近! なんと人工衛星よりも低い位置を通過するらしい

Ph001550_s

地球に衝突する恐れはないそうです。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


Ph001550

宇宙のかなたから
時速2万8000キロのスピードで近づいている
小惑星が米国時間15日(日本時間16日未明)に
地球に最接近する。
ただし、米航空宇宙局(NASA)の観測によれば、
地球に衝突する恐れはない。

この小惑星は1年近く前に発見され、
「2012DA14」と名付けられた。
NASAのドン・イェオマンズ博士によれば、
軌道は正確に把握できている。
地球の引力の影響でカーブを描き、
地表から約2万7700キロと通信・放送衛星より
低い位置まで接近するものの、
落下することなく南から北へ通過する。

秒速7.8キロの高速で通過する見通し。

東欧やアジア、オーストラリアからは
アマチュア望遠鏡で観測できる見通し。
サイズが「アメリカンフットボールの
フィールドの約半分」と小さいため、
肉眼では見えない。
NASAは前後の数日間、
レーダーで小惑星の組成などを詳しく調べる予定だ。

NASAによると、地球の近辺には
このようなサイズの小惑星が
約50万個もあるとみられるが、
実際に観測されているのは
その1%に満たない。2012DA14も、
20年前の技術では発見できなかった。
今では100年後の動きまで予測できるという。

衝突のリスクを予測するだけでなく、
小惑星を資源として活用するのも
研究目的のひとつだ。金属などの成分を採取して、
地球上や宇宙ステーションで使うことができるかもしれない。
NASAでは、近くの天体を
地球周回軌道に乗せてから研究や
資源採取を進めるという方法を検討している。
資源の採取や販売に名乗りを上げている新興企業もある。

このサイズの小惑星が、
これほど近くを通過するのは40年に一度、
衝突するのは1200年に一度とされる。

仮に衝突したとしても、地球が
滅亡するほどの衝撃ではない
と、
イェオマンズ博士は説明する。

5万年前、金属でできた同等の
サイズの小惑星が衝突した。
その跡が米アリゾナ州の大隕石孔(いんせきこう)だ。
周囲80キロの範囲が破壊されたとみられる。
岩石の塊とされる2012DA14の破壊力は、
これよりはるかに小さいはずだという。

1908年には、似たタイプの小惑星が
ロシア・ツングースカ上空で爆発し、
2000平方キロ余りにわたって樹木がなぎ倒された。
確かに地球滅亡には至らなかったものの、
近くに居合わせたくはない災難だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130208-35027964-cnn-int
 
ぶつからない計算ですし、
ぶつかっても人類滅亡レベルではないという感じですね。
しかし大きめの小惑星がここまで近づくのは珍しいですね。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

いつもの



1 (1)
3DS:ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち



コメント

  1. 名無し

    二ビルじゃないのか

  2. 名無し

    どうせなら朝鮮半島に落ちてくれ

  3. 名無し

    >>2
    いや俺は反韓より反中のほうが強いから中国に本体落ちて欠片が半島に落ちてほしいな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング