タブレットでは依然敵なし……! 2012年Q4のタブレット出荷台数はiPadが圧勝、シェアはやや落とす | あまえび速報
6ca2a898    bdb683c1

タブレットでは依然敵なし……! 2012年Q4のタブレット出荷台数はiPadが圧勝、シェアはやや落とす

Ph001119_s

スマホのシェアに続き、タブレット端末のシェア状況も明らかに。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


ipads-1359617185

調査会社の IDC が、
2012年第4四半期における
世界のタブレット出荷台数を発表した。
iPad (mini を含む全モデル) が
他社のタブレットに大きく差をつけ、
依然としてもっとも人気のあるタブレットであるという結果が出た。


サムスンがスマートフォン市場シェアで
トップの座を走り続ける一方、
アップルはタブレット市場のシェアでトップの座を維持し続けている。 

Q4のタブレット総出荷台数は前年同期と比べ
74.3%増の5250万台だった。メーカー別に見ると、
1位のアップルが同四半期に出荷した
iOS タブレットの台数は、前年同期と比べ
48.1%増の2290万台だった。市場シェアは43.6%と、
2012年Q3の50.4%から6.8%シェアを落としているものの、
2012年Q2の65.5%から15.1%シェアを
落としたQ3と比べると減少幅は大いに縮まっている。

サムスンは様々な画面サイズを展開し、
ひっそりと2位につけ、市場全体の15.1%にあたる
790万台を出荷。前年同期と比べ263%と
大きく数を増やした。3位はアマゾン (市場シェア11.5%)、
4位 ASUS (5.8%)、5位Barnes & Noble (1.9%) と続き、
トップ5以外の製造メーカーが、
市場全体の22.1%を未だに占めている。
恐らくマイクロソフトの Surface も
その数字に含まれるものと思われるが、
IDC のモバイル端末調査の
プロジェクト・マネージャーを務める Ryan Reith 氏は
マイクロソフトのタブレット市場への影響は
「控え目な」ものだったと表現している。
詳しくは以下の IDC による表をどうぞ。

idctqbleq42012
http://japanese.engadget.com/2013/02/04/2012-q4-ipad-idc/
 
各社意欲的なタブレットを出していますが、
総合的にはやはりiPadが依然強いという感じですね。
しかしその情勢も値段など様々な要素を原因として
徐々に崩れていきそうな感じ。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

Ph001094_s_s
2012年の携帯電話出荷は世界で16億台に到達! うちスマートフォンは7億台

56 - 25  - コピー (2)
キングダム ハーツ -HD 1.5 リミックス-初回生産特典:KINGDOM HEARTS for PCブラウザ(仮称)で使用できるアイテムシリアルコード 同梱



コメント

  1. 名無し

    サムチョン=茸

  2. 名無し

    好きなもの買ったらええねん

  3. 名無し

    10インチだとまだiPad一択だからな
    7インチならiPad miniとNexus7の二択だけど

  4. 名無しさん

    ※1
    お前の中ではドコモはどんだけ世界的企業なんだよw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

アクセスランキング